Deprecated: mysql_connect(): The mysql extension is deprecated and will be removed in the future: use mysqli or PDO instead in /home/m010c010/public_html/summerfield-jp.com/config.php on line 3
自己破産利用前にデメリットを知ることが大切|究極の債務整理方法、自己破産について知ろう

自己破産のデメリットはなんだろう

自己破産利用前にデメリットを知ることが大切

ガッツポーズする男性 自己破産を考えている人。
それは、言い換えれば借金返済が難しく悩んでいる人。

自己破産をすれば、抱えている借金がすべて免除される。
こう聞けば、すべての人が「それなら自己破産すればすべて解決するじゃないか」と思うかもしれない。
そして人によっては、「また借金しても自己破産すれば……」と考える人もいるだろう。
だが、そんなに甘いものではない。

自己破産は、債務をすべて免除することができるものの、それ相応のリスクもある。
今回はそのリスク、すなわちデメリットについてお話していきたい。

自己破産は諸刃の剣


自己破産に関して、ネガティブなイメージを持つ人も多いかもしれない。
しかし、債務をすべてチャラにすることができると聞けばどうだろうか。
きっと借金返済に苦しむほとんどの人が、すぐにでも自己破産の手続きを始めることだろう。

だが、自己破産をするにも条件があるし、諸刃の剣と言える債務整理方法でもある。
つまりどういうことかというと自己破産は、債務がすべて免除される代わりに一定の財産を失うことになる。

もちろん、メリットのページでもお話したように99万円以下の現金や20万円までの定期預金は財産として残すことができる。

自己破産を利用する際は慎重に


自己破産は、一定の財産を失うだけではない。
自己破産の手続き後、借入が約5~10年の間はできなくなる。
つまり借金→自己破産→借金→自己破産……という無限ループはできないということだ。

ほかにも、免責が決まるまでの間は、士業や警備員といった職業に就くことができない。
そして自己破産をすることで国が発行する機関紙「官報」に掲載される。
基本的に家族などにバレることはない。
しかし100%バレないという保証はないので頭のすみにでも置いておくと良いだろう。

↑ PAGE TOP