Deprecated: mysql_connect(): The mysql extension is deprecated and will be removed in the future: use mysqli or PDO instead in /home/m010c010/public_html/summerfield-jp.com/config.php on line 3
究極の債務整理方法、自己破産について知ろう

自己破産とその他の債務整理について

Debt consolidation

自己破産をする前に知識をつけよう

みなさんは、自己破産という言葉をご存知だろうか。
自己破産は、借金返済の負担をなくす債務整理方法の1つだ。

借金返済に苦しんでいる人は、決して少ないとは言えない。
借りたのは良いもののいざ返済する際には、いろいろと環境などが変わって返済が難しくなってしまうケースもある。

人によって状況はさまざまだが、借りたものは返すというのが道理だ。
しかしそうは言っても、返すことができないならどうしようもない。

そういった時、利用することができるのが債務整理という方法だ。
債務整理にはいつか種類があるが、その中でも今回は、自己破産を中心にお話していきたい。

このページでは、自己破産について簡単にお話したあと、そのほかの債務整理方法についてもご紹介していこうと思う。

自己破産って何?


まず、自己破産とは一体何かということだが、これは債務整理方法の1つだ。
債務整理には、任意整理、特定調停、個人民事再生、そして自己破産の大きく分けて4つの方法がある。

その中でも、最も困窮度が高いとされる人に向けた債務整理方法が自己破産だ。
自己破産は、究極の債務整理、最後の手段とも言える方法。

その理由としては、もし自己破産が認められると抱えている借金がすべて免除されるからだ。
しかしそれと同時に一定の財産を失うことにもなる。

この自己破産は、誰でも気軽にできるというものではない。
場合によっては、上でお話した任意整理、特定調停、個人民事再生といった方法で対応できる場合もある。

任意整理について


債務整理の中でも、一番利用される機会が多い方法、それが任意整理だ。
この方法は、裁判所を通さず個人で債権者とやり取りすることができる。

しかし個人で行うよりも、司法書士など専門家に依頼したほうが良いだろう。
手続きや債権者とのやり取りも、司法書士が代理人として行なってくれる。

特定調停とは?


特定調停は、任意整理と違って裁判所を通じてやり取りをするという方法だ。
任意整理の場合は、裁判所を通す必要がなかった。
しかしこの場合、債権者がまともに取り合ってくれるとは限らない。
そういった時に裁判所を通じて行うやり取りを特定調停と言う。

裁判所と言っても裁判ではなく話し合いを行う。
つまり裁判所はあくまで仲介者というわけだ。
債権者と債務者の話を聞いた上で、最善の道を導き出してくれる。

個人民事再生のこと


債務整理は、債務整理、特定調停、個人民事再生、自己破産という順に困窮度が高い人向けになっていく。
つまり個人民事再生は、任意整理や特定調停以上の困窮度で悩んでいる人向けということになる。

この個人民事再生は、裁判所命令により原則1/5まで借金を減額してもらうことができるという債務整理方法だ。
借金の1/5まで減額となると、かなり負担は軽減されるだろう。
しかし、その減額後の残った借金を3~5年で返済しなければならないというルール付きだ。

それでも自己破産のように、マイホームや車など財産を失うリスクがない。
大幅な借金減額が可能で失うリスクも少ないというのは、かなり助かるのではないだろうか。

最終手段として自己破産


任意整理や特定調停、個人民事再生などでは難しいという場合、自己破産という手段を検討しよう。
もちろん自己破産は、借金をゼロにすることができるがそれ相応のリスクもある。
だから慎重に進めていく必要がある。

どうすれば良いのかわからないという人は、司法書士などの専門家に相談してサポートしてもらうと良いだろう。きっと自分にとって良い方法をアドバイスしてくれるはずだ。
もし債務整理で悩んでいるという方がいる場合は自己破産に関して詳しく書いているサイトがあるので、誰にも相談できない方などいればと思います。

↑ PAGE TOP